人材マネジメントブログ

この文章のタイトルは、お読みになるアナタが決めてください(静岡市・一瀬 剛さん)


今回は特別に、運営委員に参加にあたっての思い、参加して学び得たものなど、マネ友にご寄稿いただきました。
 
———————————-
 
【部会参加当時】
 
 私が参加した2011年度は21自治体だけの参加でしたが、幹事団も含め参加者全員が毎回、東京、熊本に集まるとても贅沢な時間でした。なお、当時は運営委員という制度がありませんでした。(緒方幹事が同期です)
 
 
【部会参加終了直後】
 部会参加後というのは気持ちがHIGHになっています。これは一過性のHIGHといえるのかもしれません。
 こうしたときに考えがちになるのは“自分への付加価値”だと思います。部会で学んだ自分は今までとは違うという思い。
ややもすると周りの人とは違うという思いも強くなるかもしれません。
 
何かやらなければという使命を感じたりするかもしれませんし、何かやってみたくなり、実際に動くという方も多いことでしょう。
正直、私も色々やり(やらかし)ました。
 
 インフォーマルをどうしたらオフィシャルにすることができるのか?などは誰もが悩み、もがく部分で、これはもう通過儀礼のようなものかもしれませんね。
 
 
 
【運営委員を志したきっかけ】
 2014年度から各地方会場でマネ友の部会見学が認められ、その翌年度から運営委員制度ができ、早速拝命して以来、今まで続けています。
 私が部会参加後、常に思っていたのは自分が書いた論文を嘘にしないことです。
当時は今のように共同論文ではなく1人1論文でしたので、特にそう思えたのかもしれません。
 自分が書いた論文と日々の業務の実践をつなげる“橋”のようなものを運営委員として学びたいと思ったように記憶しています。
 
 
【動機① 戻るポイントとしての部会】
 私たちには人事異動がありますので、自分がいつ組織改革のオフィシャル的な立場になるかなんてわかりませんし、今年私がその立場になるとは思っていませんでした。(下水道BCPやっています)
 
 何か新しいことを始める、止まっているものを動かす、業務でモヤっとする、迷う、そんなときに戻ることができる場所が部会の教えかな?と思うことはよくあります。
 実際に今年度当初、私が真っ先にやったのは職場内部会の結成と運営ですが、これも戻るポイントがあったからです。
 
 
 
【動機② From I のために】
 もう1つの理由はマネ友のつながりを絶たないためです。
 2011年度同期の有志で参加翌年から今でも年に1回早稲田に集まってダイアログをする「From I」というのがあり、私はここで連絡員をやっています。今の部会にも参加してその様子を伝え、お互いに刺激を与えあい、自分の職場で実践研究を重ねる集まりであり続ける。そのために運営委員として現在の部会に接し続けている面もあります。
 
 他にも、私は運営委員では唯一の2011年度部会参加なので、同期とはまた違ったつながりがJR高田馬場駅付近でできることも楽しみにしていますし、実際に運営委員になったことで親しくしていただいていることに感謝しています。
 
 
 
【求められる役割ってなんだろう?基礎自治体職員の強み】
 上手く書くのは難しいのですが、運営委員は幹事団の部下ではないと思っています。
幹事団とは違う角度から部会を盛り上げ、参加者の皆様に何かを持ち帰っていただくために幹事団とともに歩む存在ではないかと。
 
 私は出馬部会長、佐野幹事、白井幹事、佐藤幹事、渋谷幹事からとても大きな影響を受けました。今でもとても感謝しています。
教えをいただくばかりではなく、私が運営委員として貢献できることは何か。それは基礎自治体の職員として日々の業務を経験していることですね。
 
 例えば、福祉分野で勤務されている方なら、支援するご家庭を訪問した時に受ける感覚をご存じでしょう。
用地(移転)交渉をするお仕事をされている方でしたら、初めてお伺いするご家庭のインターフォンを鳴らすときの感触や心境をご存じでしょう。これらはおそらく幹事の皆様もご経験が無いことでしょう。
 
 以前よりも参加自治体が多くなり、総務や人事、企画といった部門の職員だけでなく、より幅広い自治体職員が参加している現在、ここに書いた感覚、感触や心境が日常であり、リアルである部署で勤務する参加者が発する言葉は、文字にすれば同じでもそのプロセスはそれぞれ違います。
 こうしたとき大所高所から寄り添い、ご助言をくださるのが幹事団であるならば、自らの勤務経験をもって聞き、同じ視点で寄り添うことができることこそが、運営委員にできること(強み)だと私は思っています。
 
 
 
【決めつけずに行きましょう】
 運営委員だから何かをしなければならない、何かやりたいというのは最初から特に決めなくてもいいと思います。
 この部会は、「こうであるべき」「こうでなければならない」って決めつけるようなものではなく、自由な場所だと思っています。
自由だからこそ責任を伴い、1人称で、価値前提の歩みを進めるのではないかと。
 
 運営委員でありたい理由としては、最初は部会に接していたい何かがあればいいと思いますよ。
そのうち見つかりますから。最初から決めつけちゃうと窮屈になると思いませんか?
ただ、理由はポジティブなものであるほうが良いと思います。
 
 
 
【運営委員になってよかったと思ったこと】 
 正直、自分で「これ!」というのはまだわかりません。
ただ、歳を取ったせいもあるのか、物事の正解を複数探すことや、あえて逆の立ち位置から考えることを習慣にできるようになったことはそうかもしれません。
 
 B‘zの曲に「イチブトゼンブ」というのがあるのをご存知の方も多いと思います。
 このなかの歌詞で「すべて何かのイチブってことに僕らは気づかない」ってあります。
なにかを進めていくための正解はいくつもあると思うのですが、ともすると1つの取り組みが唯一の正解だと思ってしまうときもあります。
でもそんなとき視野を広げてくれるきっかけになるのも運営委員としての取り組み・・・というか、親しくしてくれる運営委員の言葉ですね。
 
 そしてこの曲の中には「愛しぬけるポイントが1つありゃいいのに」という歌詞もあります。
何か1つやり切りたい気持ち、何でもいいけど部会にかかわりたい気持ちが1つあればいいんじゃないかと思います。
それが私の場合は、先にも書きましたように、下手くそな論文だったけど、あのときの自分が書いたこと、そして書いた自分を嘘にはしたくないって思いですね。その想いとともに、今日も自らが所属する組織のイノベーションにチャレンジしています。
 
カッコつけましたが、適当そうに見えてどこか一途なところがある人って、なんかいいでしょ?そんな感じで。自分で言うな!って話ですが。
 
 顔ぶれを見渡すと、熱くて真面目な運営委員が多いなか、私は緩くて異端だと思うのですが、そんな私が大隈講堂で運営委員代表のスピーチに指名されちゃうんですよ。
 こんな「イカしたオヤジ」を目指す私でも受け入れてくれる部会と運営委員っていいと思いませんか?というまとめ方で今日のところはいかがでしょうか?
 
 
 
(静岡市・一瀬 剛さん)