研究会レポート

2014年度(9期) 第5回研究会フォトレポート


__10947490_10202286481803811_255579311_n

■概要

第5回研究会は東京の早稲田大学・井深大記念ホールで行われ、74自治体、約220名の職員が参加した。今回は1日目に出馬部会長の講話「改めて部会とは」、鬼澤部会長代行による特別講演者の紹介のあと、(株)日本総合研究所調査部 主席研究員の藻谷浩介氏から「自治体の未来、里山資本主義の可能性」と題する特別講演があった。
2日目は、大隈記念小講堂に場所をうつし、午前中に幹事団からそれぞれ応援メッセージが参加者に伝えられたあと、コミットメントに向けたダイアログが会場で行われた。午後は、各自治体ごとに今後に向けたコミットメントがあり、北川正恭所長からマネ友としての認定証が授与された。その後、北川所長から講話があり、最後は出馬部会長が会を総括、3月締切の論文の概要と、来年度から新たに設置されるマネ友が会場運営に携わる「運営委員」の説明がなされた。

■1日目会場の様子、出馬部会長の講話
■鬼澤部会長代行の講話、藻谷氏の特別講演
■2日目会場の様子
■幹事の応援メッセージ
■コミットメントプレゼン&認定証授与
■会は北川正恭所長の講話、出馬部会長のまとめで、2014年度の幕を閉じた。
■2014年度 集合写真