幹事団紹介

■出馬 幹也(いずま・みきや)部会長

写真 1962年三重県出身・名古屋育ち。
 1986年筑波大学卒。富士ゼロックスでの変革実績を基に2000年富士ゼロックス総合教育研究所に移り、組織変革コンサルティング事業を立上げ。2004年プリンシパル(役員待遇)就任。政府系専門委員等に活動拡大。2012年4 月独立し現在に至る(フロネシス・インスティテュート株式会社 代表取締役)。

□現在の業務や担当する諸活動
 大手企業の変革コンサルティングや役員・部門長層に対するエグゼクティブコーチングが本業。自治体向けでは部課長教育や人事制度コンサル等に従事。

□興味・関心があること、趣味など
 この国を、未来に希望が持てる社会に変革すること。各界で活躍されている“同時代人たち”を同志のように結集させていきたい、と願っている。

□メッセージ
 部会に参加される皆さんには、あれこれ考えてしまう前に、自らの五感を使って動いてみて、見えてきたものからの気づきを大切にしてほしい、と思います。役職の有無が重要なのではありません。思いの強さ、それだけが人を動かし、組織と社会を動かす原動力なのです。
 志高き皆さんのご参画を、心からお待ちしております。

■鬼澤 慎人(おにざわ・まさと)部会長代行

写真 1962年茨城県水戸市生まれ。
 1985年上智大学経済学部卒。第一勧業銀行、ソロモン・ブラザーズを経て、1992年に水戸へ戻り、茨城県大同青果。
 2000年にヤマオコーポレーションを設立、現在代表取締役。

□現在の業務や担当する諸活動
 NPO法人茨城県経営品質協議会理事、NPO法人日本再生プログラム推進フォーラム理事、「あしたの学校」副代表など、地域づくり、いい会社・いい組織(行政)づくり、ひとづくり(特に若手)の支援を積極的に行っている。

□興味・関心があること、趣味など
 いい組織の分析、どうすれば価値を生み出し続ける組織になれるのかが最大の関心事。まち歩き、美味しいものの食べ歩きが好き。趣味は、ゴルフと野球(大のジャイアンツファン)

□メッセージ
 「たったひとりからでも社会を変えることができる」、「暗いと不平を言うよりも、自ら進んで灯りをともしなさい。誰かがやるということは、誰もやらないということを知りなさい」。さぁ、一歩を踏み出し未来を創っていきましょう!

■伊藤 史紀(いとう ふみのり)株式会社Co-Lab(コーラボ)代表取締役

写真 1978年 福島県本宮市生まれ。
 製造系ベンチャー企業にて、技術者としてキャリアをスタート。その後、営業職や人事部門立ち上げ、株式店頭公開などを経験した後にリゾート施設を運営する企業へ転職。新規施設の開業プロジェクトや経営再建中の施設における宿泊支配人などを経験した。2010年に自身のビジョン実現を目指して独立し、現在に至る。

□現在の業務や担当する諸活動
 企業向けに、経営指針策定・経営戦略立案など経営の根幹に関わるところの支援を行っている。さらに、経営指針や経営戦略実現のために必要となる、組織戦略や人事制度構築、階層別・選抜型研修の講師役なども担当している。
 自治体向けには、セルフリーダーシップや組織マネジメントをテーマとした研修の提供や、アクションラーニング(実践を通じての学び)を重視した研究会の運営サポートなどを行っている。
 非営利活動として、里山保全・利活用を目指した団体の理事も務めている。

□興味・関心があること、趣味など
 子ども達が健やかに育つ地域社会のあり方とその実現方法、人が自分らしさを発揮しながらチームや社会へ貢献するために必要なもの。将来を担うリーダーの育成など。最近の趣味は登山。

□メッセージ
 対話を通じて自分自身(所属する組織)のありたい姿を描き、その実現を目指して切磋琢磨していく。また、同じ自治体の中に、あるいは自治体という枠を超えた同志ができる。
皆さんにとってこの部会がそのような”気づきと学びの場”となるよう誠心誠意取り組んで参ります。今より未来を少しでも良いものとするために、一緒に取り組んでいきましょう。

■白井 誠 (しらいまこと) 佐賀県文化・スポーツ部長

写真 1958年生まれ。佐賀県唐津市出身。
 鹿児島大学卒業後、1983年佐賀県庁入庁。87~95年及び2003~09年、人事課(後の職員課)に勤務し人事・組織変革・人材育成等に従事。同課長を経て2011年から国際戦略統括監、2014年より現職。
 2003年、慶應大G-SEC地方分権研究会「地方公務員の意識行動改革PT」座長。06年4月から早稲田大学大学院公共経営研究科マニフェスト研究所人材マネジメント部会幹事。

□現在の業務や担当する諸活動
 前述PTにより、2005年、佐賀県において全国の自治体でもユニークなコンピテンシーモデルをベースにした「能力開発型人材マネジメントシステム」を構築。自律・協働時代の新たな組織文化を創造・定着するための取組を進めている。前職では、佐賀県における外交、貿易、国際協力・交流、外国人観光客誘致等あらゆる国際関係業務についての戦略的推進に向けた取組に従事。現職は文化・スポーツ部長。

□興味・関心があること、趣味など
 前職で国際関連の仕事をしていて思うことは、いかなる国・機関においても「人」が最も重要な要素であり、いかにして良き人材を創り出すかに腐心しているということ。我が国も負けてはならないとつくづく思う。趣味は我家の小さな庭でのガーデニング。想いを込めて花や木を育てる喜びは同じです。

□メッセージ
 組織変革は、それを「仕事」としてとらえて上から目線で悲壮な覚悟で臨むよりも、むしろ「楽しみ」ととらえ、自分も踊りの輪の中に入って一緒に踊りながら(目線を人々の目線に合わせながら)様々な声を聴いて柔軟に対応していくものだと思います。今年も素晴らしい仲間が集まってきました。共に考え共に成長しましょう。私もその支えになれるのならこんなに嬉しいことはありません。

■佐野 哲郎(さの・てつろう)新潟県 知事政策局 政策監 兼 政策課長

写真 1962年新潟市出身。京都大学法学部卒。
 1986年新潟県庁に入庁。国際交流課(中国黒龍江大学派遣)、企画課、旧経済企画庁(出向)、人事課、財政課などを経て、2009年政策評価室長。2年間、新潟市に出向(行政経営課長)した後、行政改革推進室長を経て、2015年より現職。

□現在の業務や担当する諸活動
 現在の業務は、地方創生、拠点性向上のための諸課題(市町村との連携)、全国知事会など。休日は家にいるよりも、個人的な趣味であちこち行ったり、地域活動などのセミナーや地域イベントに参加したりと動き回っていることが多い。カウンセラー資格を継続するため、その種の研修会にも時々顔を出したりとかも。

□興味・関心があること、趣味など
 新潟という地域に、外に開かれた知のネットワーク、インフラをつくること。その一環として、人材マネジメント、リーダーシップ論、組織行動論、自治制度改革、まちづくりなどに関心あり。趣味は、自転車(ロングライド)、山歩きなどアウトドア全般。

□メッセージ
 2007年に部会に参加。08年から幹事として部会の運営、そして全国の自治体から参加される皆さんの活動をお手伝いしています。より良い地域づくり、自治体組織づくりのため、仲間と「思い」や「志」を語り合い、互いに共有し活動することを通して、共に成長していきましょう。

■渋谷 浩史(しぶや・ひろふみ)静岡県教育委員会高校教育課長

写真 1962年静岡県藤枝市生まれ。
 85年中央大学法学部卒、県庁入庁。税務課研修担当から人材育成を担い、人事課で11年間人材マネジメント、リーマンショック後の4年間雇用対策・就職支援の後、教育委員会。

□現在の業務や担当する諸活動
 現在は、行政マンで初の高校教育課長に従事。生徒・進路指導から入試、人事管理、高校再編までの広範な業務に奮闘中。人事課では、人事異動の視点を改革するCDP(キャリアデベロップメントプログラム)を構築、雇用対策でも攻めの改革を行い、現在もイノベーターとしてアイデアを考える毎日です。

□興味・関心があること、趣味など
 社員教育から学生支援を経て高校教育へ、縦の広がりで人材育成を経験し、若者の成長を助ける「人づくり」に魅力を感じています。現在は高校生のスポーツや芸術の大会での汗と涙を観るのが楽しみで、3月には、静岡高校を甲子園で応援。
趣味は、ゴルフ命と舞台などの芸術鑑賞です。

□メッセージ
 行政は、分類すればサービス業。サービス業は、人が変わるだけで、TDLのように顧客満足を高める事が可能です。ぜひ、一緒に人材マネジメントの仕掛けを考えましょう。ポジティブでハイテンションな議論を期待しています。

■阿部 勝弘(あべ・かつひろ) 相馬市秘書課課長補佐

写真 1972年相馬市生まれ。
 1995年に相馬市役所入庁、税務課3年、農林水産課3年、財政課5年、以降、秘書課。
 部会は2008年度に相馬市1期生として参加し、アドバンス(当時)に2年参加後、2011年度から自治体幹事として部会の運営をサポート。

□現在の業務や担当する諸活動
 市長の政策調整、特に外部・内部との連絡調整や政策の基礎調査、講演資料の準備など。
 震災以降は支援団体との調整や庁内の政策遂行に、今まで以上にマネジメントとコミュニケーションを意識してます。

□興味・関心があること、趣味など
 震災を経験し、何気ない日常の瞬間瞬間に幸せがあること、 様々な人々との出会の中でご縁の大切さ「一期一会」を実感。
 相手との「対話」から新しい価値を生み出し共有、共感する、その経験を積み重ねることが、お互いの成長につながると日々考えています。

□メッセージ
 震災復興では、全国そして世界中からご支援をいただきありがとうございます。
 復興、地方分権の鍵は人づくり。私たち地方公務員が、表情の見える現場で、行政組織の一員として成長するために、お互い切磋琢磨してがんばりましょう。

■佐藤 淳(さとう・あつし)青森中央学院大学 准教授

写真 青森県十和田市出身。
 早稲田大学商学部卒業後、三井住友銀行勤務。12年間の銀行員生活後退職、早稲田大学大学院公共経営研究科にて北川正恭教授を師事。修了後、早稲田大学マニフェスト研究所招聘研究員、5年前より青森中央学院大学経営法学部専任講師。社会福祉士。

□現在の業務や担当する諸活動
 青森県内に、マニフェスト型の選挙、政治、行政経営を定着させる為に活動しています。大学では、政治学、行政学、社会福祉論を担当、また、専門演習では「地域経営とリーダーシップ」のテーマで、ゼミ生が将来地域のリーダーになれるよう指導しています。

□興味・関心があること、趣味など
 沖縄・琉球三線(27歳の時、銀行のボランテイア休職制度を利用し、沖縄の老人ホームで介護のボランテイアを1年間住み込みで行いました。それ以来、沖縄の魅力にはまっています。)

□メッセージ
 6年間、事務局として、人材マネジメント部会に関わってきましたが、昨年度から、幹事を拝命することになりました。自治体での職務経験はありませんが、「よそ者」の客観的な視点から、皆さんにアドバイス、学びのお手伝いが出来ればと思っています。

■緒方 雅一(おがた・まさかず)熊本県大津町 総合政策課 審議員

写真 1969年生まれ。
 1989年熊本県入庁。予算、危機管理、企画、環境問題、人材育成などの部門を経て現職。2011年早稲田大学マニフェスト研究所人材マネジメント部会ベーシックコース、翌年アドバンスコースを経て、2013年に幹事就任。

□現在の業務や担当する諸活動
 今年度、県から大津町へ派遣。町の振興総合計画や地方創生の総合戦略に携わる。個人としては、様々な組織で、組織変革や人材マネジメントを推進するための取組みや人材育成に関わっている。

□興味・関心があること、趣味など
 イノベーション・ファシリテーターとして活動中。「気づき」からの「行動変容」、そして、行動を「イノベーションへ繋げる」一連の流れを研究中。
趣味は、読書、音楽鑑賞、野球、ランニング。

□メッセージ
 行政組織において、人材マネジメントをどのように実践していくのか。その実践者として、皆さんと同じ立ち位置にいます。互いに気づきを得ながら、学びを深めていきましょう。この一年精一杯、皆さんをサポートさせていただきます。よろしくお願いします。

■加留部 貴行(かるべ たかゆき) NPO法人日本ファシリテーション協会 フェロー

写真 1967年生。福岡県出身。
 90年、九州大学法学部卒業後、西部ガス㈱入社。人事、営業、新規事業部門に従事。01年に福岡市へNPO・ボランティア支援推進専門員として2年半派遣。07年からは九州大学へ出向。企業、大学、行政、NPOの4セクターを経験した「ひとり産学官民連携」を活かした共働ファシリテーションを実践。11年4月に独立。16年度から人材マネジメント部会幹事。

□現在の業務や担当する諸活動
 NPO法人日本ファシリテーション協会(FAJ)フェロー、認定NPO法人日本ボランティアコーディネーター協会(JVCA)理事・運営委員、九州大学大学院統合新領域学府客員准教授など、九州のプレゼンス向上をめざしながらも、九州内外で産学官民を問わずファシリテーションやコーディネーションを活かした多様な現場(会議運営、、教育研修、多職種連携など)で活動しています。

□興味・関心があること、趣味など
 親が転勤続だったため、土着になりたくて九州・福岡に住み、学生時代に出会った大分県一村一品運動以降、人がイキイキと暮らしていくことができる「身の丈の地域社会づくり」を追いかけ続けています。アナウンサー志望であったこともあり“ナマの現場”に出会うと表もウラも気になる性分。趣味は、演劇鑑賞、野球観戦、温泉旅行。福岡ソフトバンクホークスファン。

□メッセージ
 答えや正解の見えない時代だからこそ、多様性に潜む可能性を認め合い、対話を通じて「これから」を語り合う。老若男女・産学官民・全国各地の交流の中から、互いがひらいて、つながることで「私」の想いを「私たち」の想いにしていく。楽しい仲間とうまい酒と一緒に、あせらず、あわてず、あきらめず、じわっと取り組む。そんな種火着火と追い焚きをさせていただきます。

(2016年4月現在)