『ほんとうの笑顔』☆出馬幹也公式ブログ

『自分の机でする仕事の大半は”作業”』


創造力を高めたい、という希望は誰にもありますね。とくに、これからの仕事
人生を長く展望する若手・中堅の皆さんにとっては(今騒がれている英語力
などよりも更に)キャリアプラン上の死活問題とも言えるかもしれません。

そのために何をすればよいのでしょうか。書店に立ち寄り、ビジネス書を手
にとって、読むだけで学べそうなものを探してみますか? それともビジネス
スキルを鍛えてくれそうなスクールに入って、様々に提示される課題に対処し
解法の基本を学んでいくべきでしょうか?

どれにも意味はあると思います。自分が望むのであれば、ということです。
望むものは得ることができますし、それが何であれ、自分自身が必要として
いるものは自分自身が一番わかっているはず、という面もあるからですね。
使えそうな知識・スキルにどういったものがあるのか、をまず概観するという
意味でも読書は最も手軽な手段であることは明白です。

しかし十分に注意すべきところもあります。それは、学んだ・修得したはず
の知識やスキルは、職場での仕事を始めとする日常生活の中で積極的に
使ってみないと本当には身についていくことはない、ということです。

資料作りの場面を考えてみましょう。表計算を応用して、見やすく、ポイント
が瞬時に提示できるものを作成することには、多くの知識・スキルが必要に
なります。それを教えてくれるスクールもあれば、詳しく解説してくれる書籍
もあるでしょう。それらから得られる知識・スキルを駆使して、内外の関係者
が求める品質の資料がつくれたな、と思える瞬間は一つの大きな達成感を生む
ものだと思います。

けれども、私がここで提起したい問題は、それを超えたところにあります。

仕事は資料だけでなりたっているわけではない、ということです。資料自体
は、ある人がある人(人々)に対して、考えていることを示す手段であって
それ以上のものではありません。良い資料に意味があることは言うまでも
ないことですが、良い資料があれば仕事がすべて完結していくか、という点
では、まさしくそうではないということです。

自分の机で行う仕事の大半は資料作成やデータ入力、情報検索などに分類
することができます。これまでは自分の机に居るかどうかが上司にとっては
その人が仕事をしているかどうかの大きな判断基準でありました。その意味
で言えば、自分の机に座り、PCを使って何かをしていることが仕事なので
はないか、という”思い込み”を皆がつくり上げてしまってきたことも否めな
い事実、と思います(もちろんこれらは事務職中心の例え話であって、店頭
での接客や販売、製造現場や設備保守等の職域には当てはまりませんが)。

では、自分の机でやっていること自体は、本当に”仕事をしている”という
ことなのでしょうか。私はそこに、一つの落とし穴を見てしまうのです。

仕事には、大きく分けて創造力を必要とするものと、必要としないものが
あります。机で行う仕事の大半は、後者になるでしょう。

「何~?資料作成に創造力は要らないというのか? 白紙に絵を描いたり、
文章を作成したりすること自体、まさに創造力が必要ではないのか?」と
いう声もあると思います。しかし、そのような資料作成で必要になるのは
”制作力”であって、”創造力”ではないと私は思うのです。

ある明確なイメージがあってそれに肉付けをしたり、編集したりすること
が”制作力”。それはスキルなので、人にも教えることができます。

しかし、最初に必要になる”明確なイメージ”なるものをどう持てるか、と
いう点については、創造力に関することであって、スキルだけとは言い
づらい情報感度の有無を含んでいる、と私は思います。

では(このケースで、成果の質を左右する一番重要な能力発揮とも思え
る)創造力とは、どのように身に着けていくことができるのでしょうか。
私の考えは、実に簡単です。

「歩いて、見て回りましょう、語り合いましょう。そうすればきっと貴方
の仕事に必要な創造力はいつの間にか身についていきますよ!」

(純粋な息抜きを除いて)机を離れ、歩こうとする場合、当然ながら仕事
に全く無関係なところには足が向かいません。関係部署に出向き、何気
なく見て回り(いわゆる観察をし)何とはなしに思い浮かんだことを念頭
に、関係者に声をかけてみる、相手が応じてくれれば少し語り合う、その
ときには無理でも、別に会って話す約束をする、等が進められます。

ここに創造力を発揮する、修得するポイントがあると私は思います。

今準備している資料が的を得たものになっているのか、的外れなことを
中心に、一生懸命に作業をしているだけではないのか、等が頭をよぎるの
です。机に居たときには考えなかったことや、見ようとしていなかった
ことが見えてくる、そしてそれが、上記の”イメージ”であるとすれば、
机にかじりついて行う仕事こそいつの間にか偏ったもので進めてしまう
恐れを含んでいる、ということになるのではないでしょうか。

正にこれだ!と自他共に感じられる適切な”イメージ”を持つことができ
て始めて、資料作成は上手くいく前提が整います。そこからは具体的な
スキルとしての制作力が良し悪し・出来栄えを左右することになります。
それらを併せ持つことで、仕事上で必要な能力を獲得し、発揮していく、
ということが整うのではないか、と私は考えます。

机に居る時間が長くなったなと思ったら、歩いて仕事場の関係先を見て
回りましょう。関係者が居るところに出向いて、何気ない対話をしてみま
しょう。その人の職場がどんな雰囲気になっているか、どんな内容のこと
が優先度の高いものになっているのか、を観察してみましょう。

そこで感じるものすべて、見ること、話すこと、感じること、のすべて
を元に、今自分がやっている”仕事”が、本当に関係先やお客様の側から
見て意味のあるものになっているのか、このまま続けて大丈夫なのかを
考え直してみましょう。大丈夫だ!と確信が持てれば、資料作成の速度
も上がるでしょう。新たに気づいた!となれば、作成途上にある資料を
つくり直そうとする勇気までも湧くかもしれません。

机で行う仕事の大半は”作業”なのだと考えたほうが良いと思います。
それをもって仕事をしている、と判断することは止めたほうが良い、と
思います。大切にすべきは、観察や対話から得られる明確なイメージと
自分自身の仕事を”客観視”することの組み合わせ、です。それらを上手
くバランスしていける人材が、仕事の出来る人材へと自分自身を成長
させていけるのだろう、と私は思いますね。